リフォーム後に気をつけたいことについて紹介するサイト

リフォームかし保険について

リフォームかし保険って知っていますか

まず、「かし」とは何のことか、と思っている方もいらっしゃるでしょう。
「かし」を漢字に書き換えると、「瑕疵」という字になります。
瑕疵とは、きずや欠点の事を指します。

つまり、「リフォームかし保険」というのは、リフォーム時の検査と保証をする保険の制度を指しているのです。
この保険制度では、後日、リフォーム工事に欠陥があった場合、補修費などの保険金が工事をする事業者に支払われることで、顧客側は無償で直してもらえるのです。
ちなみに、事業者が倒産などでなくなってしまった場合は、発注者に保険金が支払われます。

リフォーム工事完了後、問題が発生し、それがリフォームかし保険適用となることもあります。
そのために、リフォーム前、気を付けることがあります。

それは、契約確認シートに署名をしたか、ということと、リフォーム工事の標準保証書は受領したか、ということです。
必ず工事前に行っておきましょう。

我が家をずっと愛そう

リフォームをしても、人と一緒で、またいずれ家も歳をとります。
リフォームをしていない箇所でも、した箇所でも、キチンと手入れはどれくらい経ったらした方が良いのかを確認しておきましょう。
愛着のある我が家の手入れ時期をチェックしておくのも、住んでいる人にとって大切なポイントなのです。

住まいの手入れとは、具体的に言うと、経時変化における修繕や交換の時期を指しています。
そのようなことも、リフォーム業者に確認しておくと、より良いかもしれませんね。

また、修繕、交換となると、当たり前ですが、お金がかかります。
費用の確認も忘れないよう、注意しましょう。

今回は、リフォーム後の注意点を紹介しました。
リフォームが終わっても、すぐには気を抜かずに、書類などの保管をしておきましょうね。