リフォーム後に気をつけたいことについて紹介するサイト

工事後に問題が発覚することも

リフォームが終わったと思ったら

「確認したはずだったけど、本当にこれで良かったかな。」と、リフォーム工事後に、業者に対して疑問を抱いたとします。
そして、手直しをしてもらうべき部分が見つかった場合、担当してもらっていた業者の人を呼ぶのは結構大変です。
それは、一旦工事が終了してしまうと、直しに来てもらえるまで時間がかかってしまうからなのです。

また、業者の人に良い顔をされない可能性も十分にあります。
そうなるとケンカになったり、こちらとしても気分が悪くなったりするかもしれませんよね。
やっと念願のリフォームをしたのに、それでは悲しいですよね。

しかし、本当に残念は話なのですが、リフォームを依頼したお客様とリフォーム業者が対立してしまい、裁判沙汰になることもあるのです。

裁判に発展

リフォーム工事によって裁判にまで発展した一例を紹介します。

顧客側は、業者が行ったリフォームに対して「工事はまだ終わっていない。」、「仕上がりが全然違う。」という理由から、業者側に工事費用を支払いませんでした。
顧客側としては、工事内容が契約したものと異なっているので、費用を支払わなかった、ということでしょう。
しかし、業者側は「約束通り工事したのに費用が支払われていない。」と言っており、裁判沙汰にまで発展したのです。

このような場合は、やはり完了確認の書類、契約書、見積書、図面などの書面一式を揃えていれば証明になりますよね。
リフォームをしただけなのに裁判にまでなるのは多くの人が望んでいることではないでしょう。
ですが、最悪の場合を考えて心構えをしておくのも大事だと思われますね。