リフォーム後に気をつけたいことについて紹介するサイト

思い出のつまっている我が家をリフォーム

非常に大切な最終確認

リフォームすることが決まり、こまごまとした契約をリフォーム会社とすると思います。
その時の書類は捨ててはなりません。
必ず保管しておいてください。
工事完了時に必要になります。

工事完了時には、工事完了検査という形で、業者の人と一緒に、絶対に見積書、打ち合わせ書、工事箇所を確認しましょう。
この時点で何か問題があったり、想像と違っていたりした場合は、業者もリフォーム現場から撤退していないので話し合いをスムーズに行うことができます。
最終確認は非常に大切なのです。

それでも、悲しいことに工事が完全に終了した後に問題が発覚することもあります。
その場合については、円満に解決するために、どのように対処すべきでしょうか。

書類は必ず保管

最終確認を業者の人と一緒に行ったにも関わらず、工事終了後に問題が発覚した、ということも起こり得る話ですよね。
不具合が見つかった時のことを考えて、私たちがしておくべきことは何なのでしょうか。

それは、保管しておいた完了確認の書類、契約書、見積書、図面などを揃えておく、ということです。
書類一式があれば、「相談して決めたリフォーム内容と仕上がりが違う」という訴えも、証拠があるので通ります。
しかし、顧客側に書類が一切残っていなかったら、本当のことを言っているのか分からなくなってしまいます。

また、業者の連絡先もしっかり控えておくと良いですね。
何かあった時、すぐにリフォーム業者に連絡が取れれば、問題が発生したときも慌てずに対応できます。