レディ

話題の故宮博物館について|本物を目にして美術品に詳しくなる

質を下げない

刀

明治9年頃に廃刀令が発せられ、それまでは当たり前に所有していた人も多かったものです。しかし、この廃刀令がきっかけで刀を所有している人が減って今では美術品として扱われています。そのため、中には美術品をコレクションするのが好きで刀を所有していたという人は少なくありません。ですが、今では扱いがとても大変であり、そのまま倉庫に保管しているという人も多いでしょう。特に祖父が好きで集めていたという人も多いのですが、もし不要だったり扱いに困っている場合は買取してもらうと良いです。刀というのはしっかりと手入れをしないと質が落ちていってしまうので、ずっと眠らせておくというのは宝の持ち腐れです。すぐに買取依頼をし、高額で引き取ってもらうことが良いと考えられます。

刀の買取方法は、直接店舗に持っていくこともできるのですが出張買取サービスを利用することも可能です。出張買取サービスであれば自宅まで専門スタッフが来て査定し、その場で買取を依頼することもできます。また、最近はアプリを利用した査定方法もあり、写真を添付するだけで査定をしてもらうことも可能です。その査定額に満足したら買取してもらうこともできるので、自分に合った方法で依頼をすると良いでしょう。査定自体は無料で行なってもらうことが可能なので、より少しでも高く買取してほしい場合は一社だけではなく複数の専門買取店に査定を依頼して比較すると良いです。刀だけではなく、鎧兜などもあれば一緒に買取してもらうこともできます。