男の人

話題の故宮博物館について|本物を目にして美術品に詳しくなる

専門店に依頼する

骨董品

自宅に骨董品が眠っている場合、専門店に買取を依頼すると良いです。専門店は京都など全国各地に存在するので、インターネットでチェックして満足できるところに依頼をすると良いでしょう。

もっと読む

質を下げない

刀

刀が自宅の倉庫などに保管されている場合、早めに買取を依頼した方が良いです。しっかりと保管されていないと錆びたり、質が下がってしまったりするので高額買取を望むのであれば早い段階で買取に出しましょう。

もっと読む

コレクションを売る

切手

人によってコレクションをしているものがあると思いますが、中でも高額買取が望めるものに中国切手があります。良い状態で保管されていた場合、数十万円で買取してもらうことも可能です。

もっと読む

台湾の必見博物館です

巻物

計画を立てましょう

故宮博物館は、台湾の台北市にある博物館です。故宮博物館は世界四大博物館のうちの一つと言われ、展示品の数は常時6000点以上とも言われます。膨大な数の収蔵品が、中国文化の歴史とその奥深さを物語っています。そのため、館内はとっても広くじっくり中国文化を味わっていれば一日で全てを見るのはかなり大変になってしまうのです。個人で訪れる方は、見たい収蔵品や場所をしっかり下調べし、計画的に回る事が必要です。故宮博物館や中国文化などについて勉強しておくと、より見学を楽しめるでしょう。博物館などでのルールは、どこの国へ行っても同じですが、故宮博物館もいつも大勢の人で大変混み合っているので、大声を出さない、そして自分の荷物は自分の責任でしっかり管理する事が必要です。

一日中楽しめます

海外の博物館で困るのが、展示物に書いてある説明などが読めない事です。現地の言葉が完璧に分かれば問題ないのですが、なかなか難しいものです。そんな時に便利なのが、音声ガイドの貸し出しサービスです。故宮博物館でも、有料ですが日本語の音声ガイドの貸し出しがあります。音声ガイドを聞きながら回れば、歴史や収蔵品についての理解がより深まる事間違いありません。さらに、お腹が空いたりちょっと疲れたりしたらレストランやカフェもあるので、一日かけてゆっくり見学できます。そして、博物館や美術館に行った時に楽しみなのがミュージアムショップでの買い物です。こちらも何ヶ所かのお店があり、有名なのは展示品「翠玉白菜」のキーホルダーです。家族や、友人へのちょっとしたお土産に買うと喜ばれる事間違いありません。こういったところに足を運べば、骨董品や美術品についての知識を得られます。そうすることで、更に興味を持ち、その知識を様々なところに活かせるようになるでしょう。自宅でコレクションしている骨董品や美術品も、故宮博物館に行ってから見たらまた違う魅力を知ることができるかもしれません。